借りないのがベストです!

借りないのが一番いいです。
借金で大変困った経験のある人間が答えます。
あのときこういう考えをしていたら…といったような後悔まじりの感情的な意見です。
私などには思いつかない状況もあると思うので、片手落ちな部分があると思いますがどうぞご容赦ください。
お金に困ったときの行動の優先順位は
いらないものを売る>徹底的に節約する>家族に借りる>信頼できる機関から借りる
という感じがいいと思います。
友人や消費者金融は、論外です。

●いらないものを売ること
普段から無駄を省いて生活している人には関係ないかもしれませんが。
自分の周りに無駄なものがないか、よく見てみると結構あります。

高額なものでなくても、気がつくと部屋がごちゃごちゃさせている私のような人間は
いちど部屋をすっきりさせると頭の方も不思議とすっきりしてくるかと思い
引っ越しを機に服やら食器やらをどっさり売り払いました。
当然二束三文でしたが、収納スペースに比例して、次に打つ手を考える余裕ができました。(どれだけ溜め込んでたんだ、という感じですが;)

二つほどブランド物があって、もう使ってもいなかったのでリンカンっていうブランド買取業者で買い取ってもらいました。⇒リンカンでブランド品高価買取

●家族に借りること
どうしてもお金を借りなければいけない状況なのか、を徹底的に考えて
結果YESだった場合、借りられるならば【親】からが一番いいと思います。(私の場合は借りられませんでしたが;)
利息もつきませんし、返済についてある程度融通も利くはずです。
高額で気が引けるなら、けじめとして借用書を書いておくとよいと思います。
兄弟や親戚は…やめておいた方がいいのではないでしょうか。友人に借りるのと同じような理由で。

例えば、希望の就職先の採用条件が「車の免許を取ること」で、どうしても必要なんだと頼み込んだら
快くお金を貸してくれる親は少なくないと思います。というか、「くれる」親だっているのではないでしょうか。
●信頼できる機関から借りること
信頼できる、とはいっても「比較的」という感じですが。
家族も資金を持っておらず、自分でなんとかするしかないけれどもう時間も手だてもない、という状況はあると思います。
たとえば、奨学金。(借金をしてまで進学したいのか、など考えた上で)
ただし、卒業後に安定した職に就けなかった場合は大変な生活というか、「借金がある」という先行き不安さが待っています。(そして返済が滞ると保証人に督促が行きます)
学校に通いながらアルバイトをする、もしくは早めに社会に出て経験を積んだ方が良くないか、早いうちにじっくり考えておいた方がいいです。

×友人に借りること
友人・知人間のお金の貸し借りについては、私としては借りる側にも貸す側にもなりたくありません。
(「一緒に食事に行って、うっかり手持ちがなかったという友人に貸し、翌日にでも返してもらえる」というレベルならいいと思いますが)
個人でのお金のやり取りは、どうしても余計な感情を呼び起こしてしまうイメージがあります。

ちなみにこちら側から貸す場合は、そのお金は返ってこないもの(返ってこなくても困らない額までなら貸せる)という心構えでいた方がいいと思います。

×消費者金融で借りること
次の週に返せないようなら借りるべきではないと思います。
生活費に困って借りるのは泥沼の始まりです。
自治体の減税制度やら救済制度やらをもう一度よく調べたいところです。
(また、消費者金融での借り入れ経験があると、特定の職業には就けなかったような気がします。既にその職についている場合は免職、じゃなかったでしょうか)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>